IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする、、、まとめ

改めてIPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジするのまとめ。

Asahi-net IEoE DS-Liteを契約したのが始まりで手持ちのRTX810でIPv6を使ってみようと思ったのが始まりなのだが、

Asahi-netの iPv6 DSLite+IPv4 IPPPoEで、今以上の快適なネット環境の構築

+会社へのアクセスのためのIPsec VPN

+自宅へ外からアクセスするためのL2TPVPN

+L2TP接続するためにNet VolanteDNSの設定

+上位のHGWへのアクセス(いちいち付け替えるのがめんどいので)

とやりたいことのてんこ盛りなのですが、集められる情報が断片的なので(ここまでてんこ盛りにしてる人はそうはいない)、でそれらをかき集め、また、YAMAHAサイトにはRTX810が対応機種してるとは書いて無く、きちんとできるかどうか判らない所からスタートしました。

また私の知識が専門家というレベルまでにはいかなくて、今あるconfigを適当に変更して使いまわしてる程度。なんとなく書いてある内容は理解できてるのだが細かい変更や間違いを探すのにも苦労する程度です。そんな人間がGWをつぶして(暇だったので?)作ったもので、これから設定する人に少しでも参考になればいいかと思います。

ちなみに参考にしたサイトは以下の通りです。

基本は

YAMAHA 「transix」接続設定例 

FAQ for YAMAHA RT Series / Flet’s

YAMAHAのサンプルconfigからスタートします。

また、NTTのHGWの扱いについては

ひかり電話 RAプロキシ DHCPv6-PD どっちが正解

で、方向性を見つけ、

今更ですが、自宅のルーターをIPv6対応にしてみました

YAMAHA RTX1200でIPoE IPv4 over IPv6を設定する

自宅ネットワークをIPv6対応にした話

RTX830でIPv4 over IPv6接続とひかり電話(SIP)の設定

YAMAHAルータでDS-Lite+PPPoE+L2TP/IPSec

この辺りを参考にconfigを完成させました。

RTX810で出来たので、多分同世代のRTX1200や後継機種のRTX1210, RTX1220やRTX830あたりでもできると思います。(RTX1200系はWANに利用可能なポートが2つあるので、もっと複雑(変な)事ができると思います。会社のルータはRTX1200なので、いずれ・・・)NVR510はIPsec以外は可能かと。それ以前の機種は諦めてください・・・かな?RTX1210,RTX1220,RTX830,RTX510は新しい世代のルータでGUIでもっと簡単にできるようになっています。

また、RTX810のGUIに合わせていますので、所々他機種には使えない部分もあるかもです。切り貼り寄せ集めの間違いがあるかもしれませんが、それでも参考になれば・・・最後に完成したConfigを載せていおきます。

config (適度にIPアドレス、ID、Password等はマスクまたは変更しております。)

また、Asahi-netのAFTRアドレスは公開してないみたいなので隠しております。まぁ、ググってみたり、5chあたりには情報がありますのでご自身で調べてください。

 

最後に、今回参考にさせていただいたYAMAHAさんや偉大な先人様方に大いなる感謝を!!

 

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network | タグ: , , | コメントする

IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする その4

PPPoEを追加し、会社とのVPNを張り、家のパソコンへ外からアクセスできるように

また、GUIの画面にきちんと反映するように手直しをと・・・

L2TPを用意し、また上位のHGWへのアクセスルートを書き・・・遂に完成しました!

ついでに色々テストを・・・

Asahi-net 接続確認ページ

IPv6test

IPv4/IPv6接続判定ページ

IPv4/IPv6接続判定ページ

 

とりあえずこれでいいかな?”IPv4設定ソフトウェアへのアクセス(v6プラスHGW用)”は直接HGWへのルートを書いて見れてるのいいかな???

 

GWもそろそろ終わり、大変有意義なGWでした。

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network | タグ: , , | コメントする

IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする その3

その2より

トンネル廻りがうまくいってない感じがして

RTX810をDHCP接続にて変更して情報の収集を・・・

これ、とりあえずネットに繋げるだけならこれで十分。

IPoEやIPv6 over IPv4をHGWに任せて、RTX810はローカルルータにする。

でも、VPN等をRTX810では行えない。

 

情報が少ないなぁ・・・

なんとな~~~~く、AFTR ADDRESSが違うような・・・

Asahi-netのAFTR ADDRESSは非公開・・・

んでもって、ググりまくり・・・

最後の頼りの5ch

で、そこに書いてあるのをヒントにAFTR ADDRESSを逆引きし、出てきたアドレスを先ほどの先人が作られたconfigを変更し保存。念のためにルータを再起動して、しばし待つ!

きた!!!!!

念のためにここでチェック

(アドレス類はなんとなくマスクしてみた)

キマシタワァー!!

 

 

長かった~~!!

で、ひとまずは第一段階がクリア。

で、VPN用にPPPoEを追加してVPNを張ってっと・・・

もうちょい続く

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network | タグ: , , | コメントする

IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする その2

その1からの続き

引き続きIPoEの開通を目指して頑張ってみる。

改めてYAMAHAさんの接続例を見ると

となっており、前回見つけた尊い先人様のサイトの通り

契約→IPv4接続(DS-Lite)、WAN側の接続機器→ホームゲートウェイ
(HGW)、ひかり電話契約 ありでHGWがルーターへ RA を広告のコース(1)で試してみる。

これをRTX810をいったん初期化して流し込んでみる(この作業何回目なんやろ・・・)

その前に現状のconfigをバックアップして取っとく。

が、うまくいかない。何かが足りないのか何が間違ってるのか・・・

GUIで生成されたconfigとググったサイトで見つけたconfigやらを見比べながら試行錯誤は続く・・・

 

再度ググってみる。

この方のブログがヒット! (*)

RTX1200でIPv6 IPoE + DS-Lite をやってるみたいで

載せているconfigをそのまま拝借・・・

とりあえず、IPv6は開通した。が、IPv4はつながらない。

でも、なんとなくだが、名前解決はできてるみたい

cmd

一歩前進!

続く!

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network | タグ: , , | コメントする

IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする

表題の通りなのだが (ここからの続き)

日を改めて、再度RTX810にてIPv6及びIPv4 over IPv6に改めてチャレンジする。

まずは上位にいるHGWまでにはそれらがきちんと通信できてるのかどうか確認する。(契約やISPの設定がきちんと行われてるかどうか確認する)

HGWにはセッション情報は一切入っていない。

その上で

HGW

ここをみるときちんとIPv6が来てそうに見える。

HGWからIPv6のアドレスにpingを打てばきちんと返事が帰ってくる

HGWからIPv4のアドレスにpingを打てばこれもきちんと返事をする。

という結果からHGWまではIPv6及びIPv4 over IPv6までの通信が取れてるということになる。

となるとやはりRTX810の設定が間違ってるということになるなぁ・・・

再度RTX810を初期化

で、GUIでいろいろ実験してみる

プロバイダ情報の設定→フレッツ 光ネクストにおけるインターネット(IPv6 IPoE)接続→ひかり電話の契約→している

でTOP画面に帰るとこうなってる

PCからIPV4、IPv6のアドレスにpingを飛ばすが帰ってこない。

次に

プロバイダ情報の設定→フレッツ 光ネクストにおけるインターネット(IPv6 IPoE)接続→ひかり電話の契約→していない

でTOP画面に帰るとこうなってる

 

PCからIPV4、IPv6のアドレスにpingを飛ばすとIPv6は返事が返ってきた。IPv4はだめ。

で、IPv6対応サイト google.co.jpにpingを飛ばすと返事が返ってこない。

IPv6のDNSとの通信が取れてない?IPv4はまだ手付かず、、、

で、引き続きいろいろググってみることに、、、

続く・・・

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network | タグ: , , | コメントする

ついでに会社のHPをhttps化し、尚且つIPv6対応にしてみた

ルータであれこれIPv6の設定をあれやこれやしてるうちにちょっと自分用に整理したものが欲しいなぁって思うようになりこのブログを立ち上げたんです。

使ってるサーバー(SakuraInternet)のコンパネにWordPressのインストールというのが有り、簡単にWordPressをインストールできそうだとわかり、

データベースの構築

WordPressのインストール、初期設定

となぜかWordPressのお勉強もするはめに・・・

ついでに会社のWebSiteもhttps化し、尚且つIPv6対応もさせちゃいました。

ポチポチとチェック付けたり設定値をいくつか入力するだけですべて完了。

IPv6化した結果

なんとお手軽な事なんでしょう・・・

カテゴリー: Network | タグ: | コメントする

IPv6その6

その5からの続き

今までの話、実はYAMAHAのルータでIPv6の設定をしようと思って調べだしたことから始まるんです。

IPv6の言葉は以前から知っていましたが、実際に設定を行うのはつい最近からなんです。で、実際に自分でも契約をして実際に設定してみようと思いついたのが始まりなのです。

IPv6の設定を行う時、一番簡単なのはHGWのみで構成されていて、尚且つIPv6 IPoE MAP-E IPv4 over IPv6の場合です。端的に言うとONU、HGWとも電源を抜いてONU、HGWと電源を入れていくだけで設定が終わります。

次に市販のルータを使う場合。ルータのウィザードに則って進めていきます。自分の契約(2-1-1~2-2-2のどれか)と構成を理解していれば進められると思います。

で、YAMAHAのルータで、比較的最近のRTX830、RTX1210(1220)、NVR510、NVR700WはGUIである程度は進められると思いますが、私が使ってるのが

RTX810

というちょっと?古めの機種なのです。(近々新しいの買い替え予定ですが)

で、私が使っているISPはASAHI-NETです。

ASAHI-NETのHPには「次世代方式IPoEでインターネットがさらに快適」デカデカとバナーがありその下には「IPv4 over IPV6接続」とのバナー。

両方には追加料金なしとこれは試すにはもってこいだと。

で、さっそく情報を仕入れるためにググる私。

情報の海に溺れました・・・・

なんせ、YAMAHAのHPには

こんなん1 や こんなん2 があり、私は一体何を選択しないとあかんの?ってなったからなんです。自分がやりたいことは

・通常のネット回線を早くする。(なんせVDSLのマンションタイプなもので・・・)

・現状構築してるVPNはそのまま使いたい。

・ASAHI-NETのIPoEはDS-Liteだと。

つまり

IPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)+IPv4PPPoE

これだ!っと

通常のネットはIPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)で

会社とのVPNのためにIPv4PPPoEを追加で設定する。

また、使ってる機種がちょっと古めなので設定情報が断片的にしか見つからない。YAMAHAのHPにはIPv6 IPoE DS-Liteには正式には対応してないが、実際使ってる人がちらほらと見かける。いろいろ先人たちのをまねていろいろ試行錯誤していくうちに、

いきついたのがここ

その3ーその4ら辺の整理ができました。

後は設定していくだけだ!っと

 

頑張りましたが

が、私の力不足で IPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)が設定できない!

現状IPv6 IPoE DS-Lite+IPv4PPPoEしか設定できない・・・

というかIPv6 IPoE DS-Lite+IPv4 ove IPv6のみの設定を行おうと試行錯誤してるのだが

どうもうまくいかない。仕方なく+IPv4PPPoEで我慢しています。

これで今年のGWの半分以上は潰れました・・・

やはりルータが対応してないのか、知識不足なのか・・・疲れました・・・

続く???

 

カテゴリー: ipv6, Network | タグ: , | コメントする

IPv6その5

その4より

さて、実際にIPv6の設定を行っていくのですが、

まずはどの機器を使うのかそれを決めないといけません。

・一つはNTTのHGW(ONU一体型、RT-500等の分離型など)を使う方法。

・市販のルータを使う方法

ここ1年ばかしでIPv6対応のルータが多くなりました。家庭用ルータでもBuffalo、NEC、エレコム、IOデータ、etc等、主だったところのルータがIPV6対応になっています。ただ、決めるときにIPv6の”何に”対応してるのかどうかきちんと確認しないといけません。

家庭用ルーターだとウィザードに則って入力して決めていく場合が多いと思います。でも、家庭用ルータだと、込み入った設定ができるのが少なかったりします。特に最近のルータはWifiの機能を強化していってるのですが、 肝心のルータ機能はあまり高機能になっていっていません。(一部にはあるが・・・)また、Wifiの機能を詰め込んでるせいか安定性に欠ける場合が多いです。

そこで業務用ルータの出番です。業務用ルータはGUIでできるのもありますが、CLIで設定していく機器も多いのです。業務用でもWifiの機能があるものもありますが、たいていは有線のみとなっています。

業務用ルータもいろんなメーカーさんが出していますが、日本では中小企業向けのルータとしてYAMAHAを選択する人が多いです。もっと上の規模となると違うメーカーのもでてくるのですが、バージョンアップに保守に入ってないとダメだとかいろいろ制限が多いです。YAMAHAのはその辺うまい所を狙っていて一度買ってしまえば後は煮るなり焼くなり好きにしていいスタンスで、私も愛用しています。お客さんとこで導入するのもYAMAHAのルータが多いです。個人的にも使っており、家庭用のルータのみの環境で使ってた時にはトラブルが多かったのがYAMAHAのルータを導入し、WifiルータはWifiのAPとしてのみ使う環境にして以来トラブルにあうことはほぼなくなりました。また、会社とのVPNを構築しコロナな現在、リモートで仕事もできております。

また、YAMAHAのサポートは優秀で電話やメールのサポートも丁寧に教えてくれますし(ここのサポートスタッフは本当に技術的にたけている人が多く、バイト派遣が多いほかの会社のサポートとはくらべものにもなりません!)、メーカーのHPには技術的な情報がこれでもかっ!というくらいにあります。また、ユーザーも多いのでネットで得られる情報も多いのでたいていのことは間に合います。ただ、家庭用向けと違ってある程度こちら側の知識も要求されます。YAMAHAのサイトを見るときはこちら勉強してる気分になります。

その6へ続く

 

カテゴリー: ipv6, ipv6-etc, Network | タグ: , | コメントする

IPv6 その4

その3より

IPv6に絡むことで愚痴りまくる私ですが・・・

 

ISPにIPv6を申し込むとその3での7パターンから選ぶことになります。

今までの話は申し込むまでで、これからは申し込んでからの話です。

今度は実際に使われている機器類によって設定が変わってくるのです。

その原因は主にNTTに関するものです。

大人の事情でこういう風になってしまった今、

(参照:フレッツ網におけるIPv6-Wikipedia)

現状に関わらず設定していかないといけないのです。

そこで気にしないといけない点は

・ひかり電話を利用してるかどうか

・対応しているひかり電話対応ホームゲートウェイ(HGW)を使ってるかどうか

ということです。

ここでややこしいのはひかり電話は使用してる時に、HGWを利用しているかどうか。

まとめると(またこれだ)

・ひかり電話契約なし+(HGWなし)

・ひかり電話契約なし+(HGWあり)(このパターンはあるのか?)

・ひかり電話契約あり+(HGWなし)

・ひかり電話契約あり+(HGWあり)

HGWのみで運用してる場合さほどややこしくないのですが、

HGWのルータ機能を使わずに別途ルータを用意する場合に設定する内容が変わります。

で、実際には 2-1-1~2-2-3の7パターン * 上記の4パターン + softbankの29パターンの中から設定方法を探すことになります。(実際にはほぼ使われないパターンもありますが)

これが理解できるまで時間掛かった・・・・

とまぁ、これから設定していくのですが、まずはこれらを理解していないと間違った契約や機器類を変更するのに時間やお金がかかったりしますので気を付けたいです。

その5へ続く

 

カテゴリー: ipv6, ipv6-etc, Network | タグ: , | コメントする

IPv6 その3

その2より

まだまだ愚痴る。愚痴りながら自分なりにまとめてみようかと。

さて、IPv6を導入しようとすると

プロバイダー(ISP)がIPv6のどの方式を採用しているのかまずそこから調べることになる。

そこで、その1で出てきたサービス名称のバラバラ具合。

通信方式に統一してややこしいサービス名称なんか使うな!って私は言いたい。

で、調べると

1. IPv6 PPPoE

2. IPv6 IPoE

の2種類が多い。で、IPV6 IPoEのなかにも

2-1. IPv6 IPoE MAP-E

2-2. IPv6 IPoE DS-Lite(transix)

2-3.IPv6高速ハイブリッド

2-4.IPv6 IPoE(4rd/SAM)

とある。

2-1と2-2の違いは大きくはネイティブ接続事業者(VNE)が違います。VNE事業者によって使われている通信技術がかわります。ほとんどのISP業者はこのどちらかになります。また、グローバルアドレスへの変換が2-1、2-3、2-4では家庭内で、2-2ではISPでおこなわれるのが大きな違いです。(細かい違いはもっとある)2-3はsoftbankのサービス名で光BBユニットが必須である。使われている通信技術はsoftbank独自のものをあるが実際には不明。単なるIPv6 IPoE + IPv4との話も。2-4は現在ほとんど使われていません。

また、そこにIPv4を絡ませると話がややこしくなります。

2-1と2-2はIPv4を通信させようとすると+IPv4 PPPoEかIPv4 over IPv6または両方になります。

まとめると、(組み合わせの可能性は)

2-1-1. IPv6 IPoE MAP-E+IPv4 PPPoE

2-1-2. IPv6 IPoE MAP-E IPv4 over IPv6

2-1-3. IPv6 IPoE MAP-E IPv4 over IPv6+IPv4 PPPoE

2-2-1.IPv6 IPoE DS-Lite+IPv4 PPPoE

2-2-2.IPv6 IPoE DS-Lite IPv4 over IPv6

2-2-3.IPv6 IPoE DS-Lite IPv4 over IPv6+IPv4 PPPoE

2-3.IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE DS-Lite+IPv4 PPPoE? softbankのみでBBユニット必須)

の7種類になります。(そろそろ私もついていけなくなっています)

で、IPv4の話に戻りますが、その2での現環境がここに関わってきます。つまり、IPv4の現状をどうするのか?固定IPv4(DDNSの場合も)が必要かどうか?これが絡んできます。

2-1-2. IPv6 IPoE MAP-E IPv4 over IPv6のIPv4は固定IPが利用可能(NATステートレス)

2-2-2.IPv6 IPoE DS-Lite IPv4 over IPv6はIPv4の固定IPが利用不可(NATステートフル)

になります。そこで、2-2. IPv6 IPoE DS-LiteはIPv6 IPoE DS-Lite IPv4 over IPv6になってしまうと社内(自宅)サーバーやVPNなどが使うことができません。そういう環境下では2-2-1.IPv6 IPoE DS-Lite+IPv4 PPPoE使う事になります。

ISP側はこれくらいですが、実はまだ、環境による分岐は続くんです・・・

その4へ

 

 

 

カテゴリー: ipv6, ipv6-etc, Network | タグ: , | コメントする