IPv6その6

その5からの続き

今までの話、実はYAMAHAのルータでIPv6の設定をしようと思って調べだしたことから始まるんです。

IPv6の言葉は以前から知っていましたが、実際に設定を行うのはつい最近からなんです。で、実際に自分でも契約をして実際に設定してみようと思いついたのが始まりなのです。

IPv6の設定を行う時、一番簡単なのはHGWのみで構成されていて、尚且つIPv6 IPoE MAP-E IPv4 over IPv6の場合です。端的に言うとONU、HGWとも電源を抜いてONU、HGWと電源を入れていくだけで設定が終わります。

次に市販のルータを使う場合。ルータのウィザードに則って進めていきます。自分の契約(2-1-1~2-2-2のどれか)と構成を理解していれば進められると思います。

で、YAMAHAのルータで、比較的最近のRTX830、RTX1210(1220)、NVR510、NVR700WはGUIである程度は進められると思いますが、私が使ってるのが

RTX810

というちょっと?古めの機種なのです。(近々新しいの買い替え予定ですが)

で、私が使っているISPはASAHI-NETです。

ASAHI-NETのHPには「次世代方式IPoEでインターネットがさらに快適」デカデカとバナーがありその下には「IPv4 over IPV6接続」とのバナー。

両方には追加料金なしとこれは試すにはもってこいだと。

で、さっそく情報を仕入れるためにググる私。

情報の海に溺れました・・・・

なんせ、YAMAHAのHPには

こんなん1 や こんなん2 があり、私は一体何を選択しないとあかんの?ってなったからなんです。自分がやりたいことは

・通常のネット回線を早くする。(なんせVDSLのマンションタイプなもので・・・)

・現状構築してるVPNはそのまま使いたい。

・ASAHI-NETのIPoEはDS-Liteだと。

つまり

IPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)+IPv4PPPoE

これだ!っと

通常のネットはIPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)で

会社とのVPNのためにIPv4PPPoEを追加で設定する。

また、使ってる機種がちょっと古めなので設定情報が断片的にしか見つからない。YAMAHAのHPにはIPv6 IPoE DS-Liteには正式には対応してないが、実際使ってる人がちらほらと見かける。いろいろ先人たちのをまねていろいろ試行錯誤していくうちに、

いきついたのがここ

その3ーその4ら辺の整理ができました。

後は設定していくだけだ!っと

 

頑張りましたが

が、私の力不足で IPv6 IPoE DS-Lite(+IPv4 ove IPv6)が設定できない!

現状IPv6 IPoE DS-Lite+IPv4PPPoEしか設定できない・・・

というかIPv6 IPoE DS-Lite+IPv4 ove IPv6のみの設定を行おうと試行錯誤してるのだが

どうもうまくいかない。仕方なく+IPv4PPPoEで我慢しています。

これで今年のGWの半分以上は潰れました・・・

やはりルータが対応してないのか、知識不足なのか・・・疲れました・・・

続く???

 

regno について

コンピュータ関係の何でも屋モドキ
カテゴリー: ipv6, Network タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください