IPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジする、、、まとめ

改めてIPv6 DS-Lite IPv4 over IPv6にチャレンジするのまとめ。

Asahi-net IEoE DS-Liteを契約したのが始まりで手持ちのRTX810でIPv6を使ってみようと思ったのが始まりなのだが、

Asahi-netの iPv6 DSLite+IPv4 IPPPoEで、今以上の快適なネット環境の構築

+会社へのアクセスのためのIPsec VPN

+自宅へ外からアクセスするためのL2TPVPN

+L2TP接続するためにNet VolanteDNSの設定

+上位のHGWへのアクセス(いちいち付け替えるのがめんどいので)

とやりたいことのてんこ盛りなのですが、集められる情報が断片的なので(ここまでてんこ盛りにしてる人はそうはいない)、でそれらをかき集め、また、YAMAHAサイトにはRTX810が対応機種してるとは書いて無く、きちんとできるかどうか判らない所からスタートしました。

また私の知識が専門家というレベルまでにはいかなくて、今あるconfigを適当に変更して使いまわしてる程度。なんとなく書いてある内容は理解できてるのだが細かい変更や間違いを探すのにも苦労する程度です。そんな人間がGWをつぶして(暇だったので?)作ったもので、これから設定する人に少しでも参考になればいいかと思います。

ちなみに参考にしたサイトは以下の通りです。

基本は

YAMAHA 「transix」接続設定例 

FAQ for YAMAHA RT Series / Flet’s

YAMAHAのサンプルconfigからスタートします。

また、NTTのHGWの扱いについては

ひかり電話 RAプロキシ DHCPv6-PD どっちが正解

で、方向性を見つけ、

今更ですが、自宅のルーターをIPv6対応にしてみました

YAMAHA RTX1200でIPoE IPv4 over IPv6を設定する

自宅ネットワークをIPv6対応にした話

RTX830でIPv4 over IPv6接続とひかり電話(SIP)の設定

YAMAHAルータでDS-Lite+PPPoE+L2TP/IPSec

この辺りを参考にconfigを完成させました。

RTX810で出来たので、多分同世代のRTX1200や後継機種のRTX1210, RTX1220やRTX830あたりでもできると思います。(RTX1200系はWANに利用可能なポートが2つあるので、もっと複雑(変な)事ができると思います。会社のルータはRTX1200なので、いずれ・・・)NVR510はIPsec以外は可能かと。それ以前の機種は諦めてください・・・かな?RTX1210,RTX1220,RTX830,RTX510は新しい世代のルータでGUIでもっと簡単にできるようになっています。

また、RTX810のGUIに合わせていますので、所々他機種には使えない部分もあるかもです。切り貼り寄せ集めの間違いがあるかもしれませんが、それでも参考になれば・・・最後に完成したConfigを載せていおきます。

config (適度にIPアドレス、ID、Password等はマスクまたは変更しております。)

また、Asahi-netのAFTRアドレスは公開してないみたいなので隠しております。まぁ、ググってみたり、5chあたりには情報がありますのでご自身で調べてください。

 

最後に、今回参考にさせていただいたYAMAHAさんや偉大な先人様方に大いなる感謝を!!

 

カテゴリー: ipv6, IPv6 DS-Lite+IPv4 over IPv6, Network タグ: , , パーマリンク